【新規会員様限定】株マイスター厳選注目3選銘柄


新規会員様限定特典と致しまして無料でご覧頂けます。※2017/05/22更新


1、東証マザーズ・最低単元100株

【3825】リミックスポイント

中古車査定システム等を展開する、独立系ソフトハウスの同社。

【9980】マルコに4月3日、物色と思われる動きがみられ注目。5月15日の本決算発表にて18年3月期の同利益は前期比10倍の13億円に急拡大する見通しとなったことや、株主優待の拡充が材料視され急騰。やや時間は掛かったものの、2日連続でストップ高を付け、一時『株価2.3倍』と期待以上の上昇。

また、5月8日に【6544】ジャパンエレベーターサービスHDにも同様の動きがみられ注目し、こちらはエレベーター保守好調で今期営業4割増益見込みや、高ROEも魅力で物色が進み、11営業日で一時『+60%超』と狙い通り上昇し、現在も上値追い継続中だが同調査手法より【3825】リミックスポイントに物色中と思われる動きを観測。

5月15日の本決算発表にて、17年3月期の連結経常利益は前期非98.2%減の600万円と落ち込むも、18年3月期は前期比21倍の1億2300万円に回復する見通しとしたことで悪材料出尽くし感から反発局面に入っており、まずは1月30日に付けた年初来高値377円近くまでの上昇を期待したいところ。

これから乗る際は、高値掴みを避け300円近くを目安に拾い、5日線(278円)が下値の支えとして意識されているため、同水準を大きく割り込むことがなければ継続保有。 終値で275円を割り込んで来る様であれば一時撤退し、再度押し目を狙うといった慎重な取り組みを。

また、【3443】川田テクノロジーズにも物色期待が持てる動きが観測されているので、念の為こちらの銘柄も今後の動向に注目しておきたい。


2、東証2部・最低単元100株

【8925】アルデプロ

収益ビル・マンションの仕入れ販売を手掛ける同社。

【7940】ウェーブロックHDに4月24日物色と思われる動きがみられ注目。5月10日の本決算発表にて前3月期最終利益は3倍化と高水準の伸びを示し、今期も2ケタ成長見通しと、これを好感する買いを呼び込み株価は急騰。15営業日とやや時間は掛かったものの、一時『+59%超』と期待以上の上昇に。

また、5月1日に【3565】アセンテックにも同様の動きがみられ注目し、こちらは11日にはストップ高を付けるなど、情報セキュリティ関連銘柄としての物色が本格化。8営業日で一時『+22%超』の上昇となったが、同調査手法より【8925】アルデプロに物色中と思われる動きを観測。

株価は5日線をサポートに日足一目均衡表の雲上限を抜けてきており、ここから上値節目の160円台を回復し、3月に付けた年初来高値175円辺りを期待したいところ。

これから乗る際は、高値掴みを避け5日線(153円)円近くを目安に拾い、25日線(141円)が下値の支えとして意識されているため、同水準を大きく割り込むことがなければ継続保有。 終値で140円を割り込んで来る様であれば一時撤退し、再度押し目を狙うといった慎重な取り組みを。

また、【3121】マーチャント・バンカーズにも物色期待が持てる動きが観測されているので、念の為こちらの銘柄も今後の動向に注目しておきたい。


3、東証マザーズ・最低単元100株

【3985】テモナ

定期販売に特化したショッピングカート付き通販システム「たまごリピート」とウェブ接客ツール「ヒキアゲール」など、EC事業者支援サービスを展開する同社。

【6266】タツモに4月24日物色と思われる動きがみられ注目。第1四半期決算の思惑先行による資金流入から5日線を下値サポートとして上昇し、18営業日で一時『+36%超』と狙い通り上昇し、現在も上値追い継続中。

また、5月1日に【9416】ビジョンにも同様の動きがみられ注目し、こちらは5月10日に第1四半期決算の営業利益は64%増、上半期計画に対する進捗率は76.7%の大幅な増収増益と、併せて株主優待制度の拡充を発表。これを好感して買いが向かう格好となり、12営業日で一時『+36%超』と素晴らしい上昇を魅せ、現在も上値追い継続中だが、同調査手法より【3985】テモナに物色中と思われる動きを観測。

9日に発表した中間決算の経常利益は1.1億円となり、通期計画の1.9億円に対する進捗率は60.2%と業績好調。翌日から確定売りに押され調整入りとなったが、8000円を底値に下げ止まりがみられており、この水準で値固めを終えた後、10000円台回復を目指しての上値追いを期待したいところ。

これから乗る際は、高値掴みを避け安い所を丁寧に拾い、5月10日に付けた安値7570円が下値の支えとして意識されているため、同水準を大きく割り込むことがなければ継続保有。 終値で7800円を割り込んで来る様であれば一時撤退し、再度押し目を狙うといった慎重な取り組みを。

また、【4334】ユークスにも物色期待が持てる動きが観測されているので、念の為こちらの銘柄も今後の動向に注目しておきたい。

※公開しております銘柄は、期間プラン会員様に提供している今日の1本~3本銘柄、今日の要チェック銘柄、スポット契約プラン等で推奨しております銘柄とは異なります。
※ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さいませ。
※ホームページ上、メール上での提供情報は著作権法によって保護されており、株式会社SQIジャパン(以下、弊社)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。提供情報は、弊社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。弊社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引その他の行為及びその結果について、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねます。