運営元:株式会社SQIジャパン (金融商品取引業者)
登録番号:関東財務局長(金商)第850号
加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号:第012-02468号

この先1~2週間の値動きをウオッチするだけでも構いません。
弊社の情報力と分析力を、その目でお確かめください!

注目銘柄の上昇事例を見る

株式投資で、こんなお悩みありませんか?

証券会社の銘柄では儲からない…

投資といえば証券会社。そう考えて利用してみたものの、紹介されるのは大型株ばかりで、なかなか資金が増えた実感を持てない…。
この失敗原因は、運用スタンスの“ミスマッチ”が考えられます。 証券会社では、運用資金が数百万あっても「少額投資家」と見なすことから、証券マンとの間で、資金感覚にズレが生じるケースが多いようです。
解決の糸口は、一般的な個人投資家に向けた銘柄紹介先を見つけることかも知れません。

テクニカル分析だけでは対応できない…

移動平均線で見ると「買いシグナル」が出ているのに、その後株価が急落してしまった…。
2015年のチャイナショック以降、個別株も様々な要因に影響されるようになり、FX取引と同じ投資手法では利益獲得が難しくなってきました。
普段から為替や先物指数、株特有の個別材料や業績に目を向けることで、リスクを抑えた投資が可能になります。ただ、独学では難しいので、プロの視点が楽に身につく手段を見つけることが、解決の近道です。

株マイスターの強み

個人投資家のための“生きた情報”

弊社は、個人投資家の皆様に安定した利益を上げて頂くことを目的とし、投資に有益な“生きた”情報をお届けできるよう、日々努めています。
ご登録特典の『厳選注目3選銘柄』は、短期間での動きが期待できる銘柄に、「売買の目安」や「推奨した根拠」なども明記し、無料でも確かな利益を掴むための情報が凝縮されたサービスとなっています。

「厳選注目3選銘柄」の提供事例を見る

投資に関する“正しい知識”が身につく

独学に頼る“相場観”だけで売買すると、せっかくの良質な銘柄でも、利益の取りこぼしが起きるケースが多いです。
株マイスターが日々配信するレポート・コラムは、投資初心者の方にも分かりやすい解説を交えた内容で、弊社アナリストの視点をもとに投資に関する“正しい知識”が身につき、“相場観”を養うのに最適です。

現在公開中の「臨時レポート」を見る

会員様の目線に立ったヒアリング

インターネット型投資顧問をご利用の方から聞く言葉で『相手方(助言者)の顔が見えないことへの不安』があげられます。
顔が見えないからこそ、弊社ではサポートデスクを完備しメールやお電話での“個別対応”を積極的に行い、会員様の目線に立った懇切丁寧な対応をスタッフに徹底させています。
また「無料銘柄相談」では、弊社推奨銘柄に限らず、長期保有株、いま気になっている銘柄、他社の投資顧問からの助言により購入された銘柄でもお受けし、会員様の状況に合わせた的確なアドバイスを常に意識しています。

弊社のクオリティを是非お試しください!

[無料]サービスを試してみる [無料]サービスを試してみる

  • 週末に決算を控え、足元で低位株の循環物色と思われる動きが見られ注目。提供当日から前日比+10%超の上昇となり、翌日にはストップ高!その後も急騰が続き提供から5営業日で株価2倍超という高パフォーマンスに。

  • 2週間後に控えていた本決算を意識した物色が見られ注目。提供当日から動きが見られ4日で+13%まで上昇する場面もあったが、決算がサプライズとなったことで更に買いを集め、下落相場の中1ヶ月以上も買いが続いた。

  • 物色期待が持てる動きが見られ8月7日に注目。3日後の決算で上方修正を発表したことを契機に買いが殺到!その後大手証券もレーティングを引き上げ、下落相場が続く中『1ヶ月で株価1.6倍超』の上昇劇となった。

  • お盆明けの材料不足な相場状況で、物色期待が持てる動きが見られ注目。一部メディアで、秋の臨時国会でのカジノ法案に関する観測記事が出たことで思惑買いが殺到!!『7営業日で+48%』と短期急騰を見せてくれた。

※掲載中の提供銘柄は、上昇事例のみを抜粋しています。弊社提供銘柄の全てにおいて同様の結果が得られるわけではなく、下落した事例もございます。
※弊社のその他の提供銘柄事例については こちら をご確認ください。

弊社アナリストによる分析から導き出された“物色の動きが観測された銘柄”の中から、この先1~2週間の値動きに注目したい3銘柄を厳選。
「無料の銘柄情報であっても、低いリスクで利益獲得を狙いたい。」そんな投資家様のニーズに応えるべく、注目したポイント取組み方のアドバイスまで細かく記載しています。

過去の公開内容を確認する!

【新規会員様限定】株マイスター厳選注目3選銘柄 (※2017年08月07日更新)

1、JASDAQ・最低単元100株

【7776】セルシード

細胞シートによる再生医療事業を主体とする、バイオベンチャーの同社。

【5609】日本鋳造に7月18日、物色と思われる動きがみられ注目。7月20日に発表した第1四半期決算で、上期経常を従来予想の5000万円の黒字から2億円の黒字と4倍上方修正、併せて通期も増額修正とのサプライズ発表を受け急騰。 その後も物色が進み10営業日で株価は一時『+42%超』と満足のいくパフォーマンスを形成。

また、7月24日に【6973】協栄産業にも同様の動きがみられ注目し、こちらは値動きの軽さから短期資金が流入し、連日ストップ高を繰り返すなどして急騰。僅か5営業日で株価は一時『2.1倍』と正に「狙い通り」の結果となったが、同調査手法より【7776】セルシードに物色中と思われる動きを観測。

7月21日に物色が入った以降は調整期間が続いていたが、8月10日の中間決算を意識してか反発基調がみられており、ここから本格的な反発局面入りを期待したいところ。

これから乗る際は、高値掴みを避け25日線(536円)近辺の安いところ丁寧に拾い、節目の年初来安値515円が下値の支えとして意識されているため、同水準を大きく割り込むことがなければ継続保有。 終値で515円を割り込んで来る様であれば一時撤退し、再度押し目を狙うといった慎重な取り組みを。

また、【8892】日本エスコンにも物色期待が持てる動きが観測されているので、念の為こちらの銘柄も今後の動向に注目しておきたい。

2、JASDAQ・最低単元100株

【3758】アエリア

決済やデータセンターなどITサービスを柱とし、女性向けスマホゲーム分野も手掛ける同社。

【4243】ニックスに7月10日、物色と思われる動きがみられ注目。日本各地でヒアリの発見が相次いでいることを受け、防虫・殺虫製品を手掛ける同社に物色が向かう格好となり、僅か2営業日で株価は一時『+19%超』と狙い通りの上昇。

また、7月24日に【3271】THEグローバル社にも同様の動きがみられ注目し、こちらは決算発表を控え好業績を期待した思惑先行による短期資金が流入。 僅か4営業日で株価は一時『+13%超』と期待通りの結果になったが、同調査手法より【3758】アエリアに物色中と思われる動きを観測。

7月31日の中間決算では黒字転換を果たすも、目先の材料出尽くし感から確定売りに押され急反落。その後、2200円台での下げ止まりが確認されており、売り一巡後の自律反発を上手く狙ってみたいところ。

これから乗る際は、高値掴みを避け2300円台の安いところ丁寧に拾い、節目の2200円が下値の支えとして意識されているため、同水準を大きく割り込むことがなければ継続保有。 終値で2100円を割り込んで来る様であれば一時撤退し、再度押し目を狙うといった慎重な取り組みを。

また、【3390】INESTにも物色期待が持てる動きが観測されているので、念の為こちらの銘柄も今後の動向に注目しておきたい。

3、JASDAQ・最低単元100株

【3189】ANAP

10~30代向けレディスカジュアル・雑貨専門店で、基幹ブランド「ANAP」を中心に全国に展開をする同社。

【2397】DNAチップ研究所に7月10日、物色と思われる動きがみられ注目。調整一巡感から自律反発狙いの短期資金が流入し、僅か4営業日で株価は一時『+22%超』と期待通りの値動きに。

また、7月18日に【3125】新内外綿にも同様の動きがみられ注目し、低位材料株の循環物色が続き僅か5営業日で株価は一時『+28%超』と、こちらも正に狙い通りの上昇となったが、同調査手法より【3189】ANAPに物色中と思われる動きを観測。

7月10日の第3四半期決算以降、株価は調整が長引いているものの、先週末に出来高急増の物色傾向が見られており、まずは25日線(706円)奪回し、800円台の回復を待ちたいところ。

これから乗る際は、高値掴みを避け5日線(648円)近くを目安に拾い、節目の8月2日の安値(614円)が下値の支えとして意識されているため、同水準を大きく割り込むことがなければ継続保有。 終値で600円を割り込んで来る様であれば一時撤退し、再度押し目を狙うといった慎重な取り組みを。

また、【6166】中村超硬にも物色期待が持てる動きが観測されているので、念の為こちらの銘柄も今後の動向に注目しておきたい。

※公開しております銘柄は、期間プラン会員様に提供している今日の1本~3本銘柄、今日の要チェック銘柄、スポット契約プラン等で推奨しております銘柄とは異なります。
※ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さいませ。
※ホームページ上、メール上での提供情報は著作権法によって保護されており、株式会社SQIジャパン(以下、弊社)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。提供情報は、弊社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。弊社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引その他の行為及びその結果について、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねます。

最新の「厳選3選銘柄」は会員登録後、無料でご覧いただけます

[無料]厳選3選銘柄を試してみる [無料]厳選3選銘柄を試してみる

株マイスターでは旬な話題を取り上げたコラムをはじめ、注目度の高い相場イベント時や相場に変化が見られた際に、
弊社アナリストが「その後の相場をどう取り組むべきか?」の見解を臨時レポートでお伝えしています。
ここで少しだけですが、新規ご登録特典として公開している最新版をお見せ致します!!

波乱の幕開けとなった9月相場ですが、9日(土)の北朝鮮記念日を無事通過したことで先週は大幅反発。週間の上昇幅はおよそ1年1ヶ月ぶりの大きさとなりました。

連休明けの今週は、日経平均が2万円台を回復してのスタート。

解散・総選挙も話題に上がり、9月後半はガラリと相場のムードが変わることが予想されます。

なお、株マイスターでは9月1日に月次の相場レポートを配信しており、相場急落を受けて6日(水)には追記も行いました。今回はこのレポートをご新規様限定で再公開いたします。

今月後半戦でも役立てる情報となっているので、上昇株を掴む上でのヒントにしていただけると幸いです。


【9月相場レポート:主役は「海外勢」、脇役は「●●銘柄」】

買い先行で始まった9月相場。日経平均は一時89円の上昇を記録しており、週末ながら強含んでいます。

実は、ここ最近の日本株は月初に上がる傾向にあります。

日経平均で見ると、毎月の初日に前日比で値上がりしたのは、2016年7月から2017年8月まで14回連続。

となると、本コラムを掲載している9月1日も上昇して取引を終える可能性が高いと言えます。

もし来月1日にここで記載している内容を覚えていれば、【1570】日経レバでも買って頂きたいものです。

この月初に株価が上がるという傾向ですが、実はこれにはきちんとした根拠があるのです。

理由としては、機関投資家が月の初めに資産の配分を変える事が挙げられます。前月末までにさばいた持ち株で出来た資金で、新しい銘柄を買い進みポートフォリオを組み直すのです。

今月に至っては、この動きがすでに見られています。

2月期や8月期の有配企業を保有している場合は、8月29日の配当落ちまでにさばいており、それ以降の買い付けについては翌月の取引が視野に入るでしょう。

カレンダー上では9月1日から新しい月に変わりますが、8月30日、31日の2日間は実質的には9月相場入りしていたと言っても過言ではありません。

では、30日以降の日本株の動向を見てみると・・・

(※この続きは、無料登録完了後にサイト内でご覧頂けます。)

こちらは直近公開のバックナンバーになりますが、
最新のものなので「保有株の利益確定」「資金投入のタイミング」など、
この先の投資戦略を立てる上でお役立て頂けることでしょう!

なお、株マイスターが配信するレポートの全体像が気になる方は、
過去のものをご用意しましたので、以下の赤いボタンをクリックしてご確認下さい。

過去に配信した臨時レポートを見る

メディアに騙されるな!7月相場の鍵は…。
(※2017年07月01日配信)



7月は「夏枯れ相場」という言葉があるように、商いが減少しやすい時期。

企業にとっての一大イベントである株主総会を終えた後で、企業側から材料が出にくいだけでなく、国会が開かれていないので政策期待も薄れがちです。

さらに、7月17日の海の日を境にして国内投資家や海外投資家が長期休暇に入るので、全体的に商いが細りやすくなります。

わずかな発表でもマーケットは過敏に反応する事になるので、疫病や世界経済に対する懸念、地政学リスクなど、不確定要素を警戒する向きが強まるでしょう。

実際は、バカンスを前にした機関投資家の持ち株売りであったとしても、メディアの手でまるで世界が崩壊するかのような取り上げ方をされるので、相場が振り回されるケースも多々あります。

今年のリスク要因と言えば、やはり「トランプ大統領」でしょう。

7月7日~8日にはG20、14日にはフランス訪問を予定しており、材料が少ない中で機関投資家が売る為の口実にされかねません。

メディア初の悪材料に対してはむやみに踊らされるのではなく、本質的な影響を調べてから持ち株の増減を判断して頂くことをお勧めします。



■7月相場の鍵は「低位株」!?

閑散相場になりやすい7月ですが、悪い事ばかりではありません。

余計な大口の手が入らないので、個人投資家は売買を進めやすく、投機目的の短期売買が活発化するのです。

実際に、中小型株は盛り上がりを見せており成長期待の大きいゲーム株、値動きの軽いバイオ株、知名度が高く攻めの買収を続けているライザップ関連などに物色が見られています。

さらに、【6347】プラコーや【6731】ピクセラなど、もともとの株価水準は2ケタだった銘柄が急伸し、平気で2倍3倍まで値を上げています。

2社のような低位の銘柄は、僅かな値幅で利ザヤが得れるだけでなく、板の注文が読みやすいので大口個人投資家などの標的にされる事が多々あります。

材料に欠ける7月相場では、短期売買を目的とした資金が流れやすく相場の主役となる事も珍しくありません。

投資主体別売買動向では、海外投資家が3週連続で売り越し。先にも挙げたように、バカンスを前にした売りが見込まれ海外勢の買いが期待できない中、利益を狙うなら国内投資家の投機売買を利用すべき。

低位株のほか、好業績や知名度の高い銘柄、時には相場で話題を集めている銘柄に短期で相乗りして、利益獲得を進めて頂くと良いでしょう。



※当レポート執筆者による投資判断は、このコラム記載のものに限られており、弊社の有料助言とは異なったものです。
※ホームページ上、メール上での提供情報は著作権法によって保護されており、株式会社SQIジャパン(以下、弊社)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。提供情報は、弊社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。弊社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引その他の行為及びその結果について、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねます。

臨時レポートの全文は会員登録完了後、無料でご覧頂けます。

無料会員登録はこちら 無料会員登録はこちら

何時も迅速適切なサポート有難う御座います。
お陰様で昨年の損失をプラスに出来ました。
つぎに期待しています。

会員ID:**0569様

ID**0569です。何時も迅速適切なサポート有難う御座います。
お陰様で他社推奨銘柄の損失及び昨年の損失を補填出来プラスになります。
キャンペーンチャンスを逃しましたが、つぎに期待しています。
今後ともよろしくお願い致します。

私はまだ初心者ですが
貴社の推奨銘柄と迅速的確なアドバイスにより
多額の利益を出させて頂きました。

会員ID:**0845様

お世話になります。
ステラケミファとアスカネットの単発スポットで、かなり利益を出させて頂きました。
ちなみにイギリスのEU離脱の国民投票前に持ち株を全部売却しました。

また、ステラケミファとアスカネットで再開したいのですが、今はタイミング的に良いでしょうか?
両銘柄とも、今の株価なら推奨株価の範囲内でしょうか?

日経平均株価が14000円~14500円くらいまで下がると予想されるアナリストもいますがどうなんでしょうか。
リーマンショックとは違うので、個人的にはかなり悲観的な予想と思いますが。
最終的に私個人の責任において売買を致しますが、可能な範囲でご指導の程、何卒宜しくお願い致します。

私はまだ初心者ですが、貴社の推奨銘柄と迅速的確なアドバイスにより、多額の利益を出させて頂きました。
本当にありがとうございます。

益が19万位になりました。
初心者で初めての経験でしたので
御社の指示がなければお手上げでした。

会員ID:**5934様

先日の3776のストップ高での質問に回答いただきましてありがとうございます。
初心者で初めての経験でしたので御社の指示がなければお手上げでした。
提案いただきました辺りの指値で入れておきましたら、益が19万位になりました。
ありがとうございました。

フォローメール有難うございます。
絶好のタイミングでした。
冷や汗ものでしたが上昇率は想定以上でした。

会員ID:**7816様

キャンペーンの新日科学、お世話になりました。
実は5月2日399円にてロスカットをして撤退したところ、同日佐久間様からのフォローメールで『保有継続』
再度6日、9日午前中に買い直し、9日午後からも様子を見ながら書い足そうと思っておりましたら、
買い気配のまま値がつかず連続のストップ高となりました。フォローメール有難うございました。

絶好のタイミングでした。
思い切りは買い直せず、又ぎりぎりのチャンスで冷や汗ものでしたが、上昇率は想定以上でした。
今後ともよろしくお願い致します。

無料相談で的確なアドバイスを頂けたので
安心して保有し続けられ
約6倍の利益を得る事が出来ました。

会員ID:**0845様

昨日、3回目の利益確定をして、単発スポット契約プラン料金の約6倍の利益を得る事が出来ました。

メールでの無料相談でスタッフの皆様から、的確なアドバイスを頂けたので
一時的に値下がりしてる時でも安心して保有し続けられ、単発スポット銘柄で大きな利益を得られました。

今回は3ヵ月間のスタンダード期間プランに申込みました。今後も宜しくお願い致します。

※個人の感想であり、サービス内容の保証または将来の運用成果を約束するものではございません。

※個人の感想であり、サービス内容の保証または将来の運用成果を約束するものではございません。

あなたも是非、サービスのご感想をお寄せ下さい。

無料会員登録はこちら 無料会員登録はこちら

また、“ワンランク上”の投資家を目指す方のために、
より充実したサービスもございます。

有料サービスはこちらから
株マイスターをご覧の皆様へ

■金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の信用状況の悪化(市場リスク)や、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があり、投資手法によっても同様の損失が生ずるおそれがあります。

■信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

■投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。 各商品等に際してご負担いただく手数料等は商品毎に異なりますので、詳細につきましては、「株マイスター」WEBサイトの当該商品等のページ、契約締結前交付書面等をご確認ください。
なお、会員登録自体は無料で行うことができ、登録と同時に料金が発生することは一切ありませんので、ご安心下さい。

ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さいませ。報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。